前へ
次へ

美肌を叶える睡眠の質を向上させる入浴の仕方

毎晩のバスタイムはシャワーで済ませる人も多いですが、お肌のためにも浴槽に浸かるようにして、睡眠の質を高めることです。
42度くらいの熱めの湯に5分くらい浸かり出てしまう、まるで烏の行水のような入浴のスタイルは見直した方がよく、良い眠りのためにはゆったりとしたバスタイムを過ごした方が適しています。
お湯の温度は30度から40度くらいの設定にして、肩まで浸かり15分から20分は湯船で幸せタイムを過ごすことです。
ペットボトルのミネラルウォーターを持ち込み、お水をこまめに飲みながらの入浴をするのも良い考えになります。
温度の高いお湯の湯船に長時間浸かると、交感神経の方が優位となりますので、眠る前にやる気が出てしまう興奮状態になるため、お布団に入ってもなかなか寝付けません。
でもぬるま湯のお湯はリラックスさせる効果があり、深夜のお肌の修繕タイムに間に合うように、お風呂からあがって緩やかに体温が下がる中で、心地の良い睡眠につくことができます。

Page Top